巨根サプリメント完全ガイド~デカチンになる方法と体験談

半勃起で射精する悪影響とは?オナニーの害悪を暴露!

オナニーして性欲を発散していますか?

 

マスターベーションは男性の性欲を自己コントロールする正しい方法です。

 

自然と溜まっていくのが男性の性欲であり、それを放置し続ければ色々な部分に支障が出てきます。

 

精液を睾丸に溜めすぎると、仕事中にセックスの事ばかりが頭をよぎってはミスが増えます。

 

また性欲が蓄積してくると注意散漫になったり、集中力が減ってしまうため、ビジネスや学業の成績も下がります。

 

更には魅力的な女性のちょっとした仕草や姿に、必要以上に興奮を覚えてしまう等、社会生活を送る上で危険な状態に陥る恐れかあります。

 

アダルトなDVDや成人漫画、アダルトビデオを視聴しながら、自ら慰める行為は非常に正しい性欲改善策であり、近年では性教育の一環として、保健体育の教科書などを通して児童にもマスターベーションの健全さが伝えられているようですね。

 

ただし、マスターベーションには正しいやり方が存在しており、誤った自慰方法を続けると健康に害を及ぼします。

 

今回お伝えしたいのは、間違った自慰行為の中でも、いわゆる半勃起の状態でオナニーするのは良くないのかということです。それについて解説します。

 

半勃起で射精する悪影響

半勃起、要するにペニスが完全に勃起しない状態で毎晩マスターベーションを進めますと、その中途半端な状態が脳内に記録されます。

 

性欲を素早く解消したいあまりに、半勃起状態のままマスターベーションを行い、最終的に射精まで手淫で導く方々は少なくありませんが、毎晩中途半端な形で射精を済ませていると、脳が半勃起状態を100パーセントのコンディションだと誤解していきます。

 

本来であれば100パーセント、要するに完全な勃起状態でのみ射精は進められますが、男性が恣意的にマスターベーションの手を素早く動かす等すれば、半勃起状態でも射精は行えます。

 

そうすれば脳が半勃起状態をディフォルトの状態だと記録してしまい、今度は男性本人が完全に勃起させたいと意識してもペニスが100パーセントの大きさにならない、という悪影響に苦しめられます。

 

半勃起でオナニーすると早漏の危険性がある

また半勃起での射精を繰り返すと、早漏になる悪影響も指摘されており、大きさが常に半分、それでいて射精を一分と我慢する事が出来ない弱いペニスになってしまいます。

 

そうなると、女性と性行為をする上で非常に障害になってしまいます。

 

女性が嫌うペニスというのをご存じでしょうか?

 

早漏、短小、中折れ、フニャチンペニスです。

 

これらは、快楽を追及するあまり、半勃起でオナニーを繰り返すことによる副作用的なペニスの状態といえます。

 

まとめ

マスターベーションは性欲改善策として大変効果的ですが、あまりにもスピードを意識した行為は危険です。

 

オナニーは睾丸の精液製造能力を考えると3日に一度がベストな頻度です。

 

毎晩するにしても、きちんと性的な映像等をしっかりと視聴し、ペニスを100パーセント近い状態にまで一度完全にフル勃起させてから、陰茎を刺激するようにしましょう。

 

いざ恋人が出来た時、誤ったオナニーが原因で短小・早漏・フニャチンの嫌われトリプルスリーのペニスになってしまえば、それ程辛い事はありませんよ。

 

なお、オナニーをやりすぎるとオナニー依存症から抜け出すことができなくなります。

 

<<巨根サプリ人気ランキングはこちら

page top