巨根サプリメント完全ガイド~デカチンになる方法と体験談

ペニスを硬くするサプリメントの効能や副交感神経との関係

中高年サラリーマン

  • ペニスが立っても童貞の時のような硬さにならないから中折れしてしまう
  • ペニスの硬さが足りないからパートナーとのセックスの相性が悪い
  • そもそも加齢のせいでペニスが立たないと諦めている

 

こんな悩みがあるならペニスを硬くするサプリメントをお探しではないでしょうか?

 

とはいっても、サプリを飲むと体がどんな状況に変化するかが分からないで、二の足を踏んでいる状況ではないかと思います。

 

それでは、今回は勃起と自律神経の関係や精力サプリメントが勃起に与える効能などをお伝えします。

 

勃起は副交感神経が優位の時に起きる現象

勃起は、性的刺激を受けた脳が興奮することで、勃起中枢が刺激され、陰茎海綿体に大量の血液が流れ込み、静脈も同時に圧迫されて、陰茎に血液が充満することで起こります。

 

勃起は、自律神経のうち、副交感神経が活溌なときに起こります。

 

副交感神経は、安心できる環境でないと優位になりませんから、交感神経が活溌に働いている時には、勃起力が低下してしまいます。

 

そのため、勃起をするためには、副交感神経が活溌になるように、リラックスできる環境にする必要があります。

 

もし、何らかの原因で、セックスに不安をかかえてしまうと、ストレスとなり交感神経が活溌に働くため、勃起しにくくなってしまいます。

 

そのため、副交感神経を活溌に働かせ、勃起力をあげたい場合には、信頼できるパートナーとセックスをし、安心できる環境を作り出すことが大切です。

 

性能力が衰えるというのは、交感神経が強すぎ、脈拍が強くなり、血圧が上昇し、身体にとってよくない状態となってしまいますから、自律神経のバランスを整え、それぞれの機能を発揮する状態にすることで、勃起と射精の問題は改善していきます。

 

自律神経をコントロールするには、座禅や音楽といった心をリラックスさせたり、サプリメントによる暗示療法が有効です。

 

基本的に、自律神経は自動的にコントロールされているため、自分ではなかなかコントロールすることができませんが、呼吸法によって意識的にコントロールすることで、自律神経のバランスを調整していくことができます。

 

中でも、腹式呼吸は、深く長い呼吸を繰り返し、肺の奥まで酸素を取り入れていくことで、血流がよくなり、体温が上昇していくため、全身の細胞の働きを活性化させることができます。

 

勃起サプリメントの摂取でテストステロンを高める

上記で書いたことにプラスして、サプリメントを取り入れることで、乱れた自律神経バランスを整え、勃起力を高めることができます。

 

勃起力が低下して、満足ができない場合には、男性ホルモンのテストステロンが不足している可能性があります。

 

テストステロンの働きとしては、

  1. 性的欲求を起こさせる
  2. 性的興奮をペニスに伝える
  3. 一酸化炭素を生成し供給する
  4. 精液を合成して、快感を増幅させる

というものがあります。

 

性的刺激が大きければ、テストステロンの分泌量や一酸化炭素の分泌量にも影響を与え、ドーパミンを増やして、性的興奮をペニスにもたらすことができます。

 

ドーパミンは、興奮作用の他にも、幸福感ももたらす作用があり、このドーパミンが生成されなければ、性的興奮が十分に伝わらずに、勃起も不十分なものになってしまいます。

 

このように、テストステロンが性行為の根本であり、勃起力にも関係するということがわかります。

 

<<巨根サプリ人気ランキングはこちら

page top